認定事業

認定事業について
 
日本梅酒協会の理念(思い)は、「健全な梅酒文化を広げ、発展させること」にあります。

そのために、日本梅酒協会として、梅酒関連の言葉を定義付けし、消費者にとってわかりやすい独自の基準で梅酒を分類し、認証する制度を確立します。

 

当協会は健全な梅酒文化の発展のため、協会独自の自主基準を設けていくことが重要だと考えてます。

梅酒の基準は、梅・砂糖・お酒の構成です。

 

具体的には、下記の分類をご覧ください。

梅酒分類方法について

当協会では、下記の基準に基づいて、梅酒を9つのカテゴリーに分類しています。

その基準を記します。

 

本格梅酒:原料に酸味料、香料、着色料を一切使っていない梅酒

梅酒(カクテル梅酒含む):原料に、酸味料または香料または着色料を使用している梅酒

梅酒風リキュール:脱塩された梅酢で作られた梅酒など

 

蒸留梅酒:蒸留酒(醸造用アルコール、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ラム酒、ウォッカ、コニャックなど)のみ、もしくは蒸留酒の割合が多い梅酒

醸造梅酒:醸造酒(日本酒、ワイン、みりんなど)のみ、もしくは醸造酒の割合が多い梅酒

ブレンド梅酒:蒸留酒もしくは醸造酒以外のものを加えて作られた梅酒

 

その他の条件

・糖類は農畜産機構に定められた糖類を使用していること

 

 

認定方法について

 

具体的な認定方法については、各関係機関と調整のうえ、現在、整備を進めております。

しばらくお待ちくださいませ。

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

Copyright©2014 Japan Umeshu Association All rights reserved.  一般社団法人日本梅酒協会